住宅設備のこと

【パナソニックホームズ】屋根材の種類/スレートは劣化しやすい!?

こんにちは、タッピーです。

先日、知り合いの瓦屋の職人さんと話してきました。屋根材について色々聞いた事や調べた事について書いていこうと思います。

屋根材の種類について

  • ①瓦
  • ②スレート瓦(カラーベスト)
  • ③フッ素メタル瓦

大きく分けてこの3つがあります。これらすべてパナソニックホームズで選べるみたいです。細かく分ければもっとあります。

ちなみに我が家では、スレートは絶対に嫌でしたので瓦を選びました。

タッピー
タッピー
パナソニックホームズの契約当初は、仕様書にコロニアルグラッサと書いてありましたが、これスレート屋根の事ですので注意です。

①瓦屋根について

  • 焼き物なので硬く、耐久性に優れている
  • 遮音性、断熱性が高い、結露しにくい
  • 紫外線や雨で色あせが起こりにくい

などがあります。

瓦屋根は、耐久性が良く、とても魅力的です。色あせもしにくいので年月が経っても綺麗が長持ちします。

町でスレートの屋根と瓦屋根を比べてみると一目瞭然です。瓦屋根はずっと綺麗なのに対して、スレートの屋根はコケが生えたり色が変わっている事が分かります。

タッピー
タッピー
1度、町で見比べてみてください。

もう一つ、瓦屋根は重いです。建物に負担があるのでは…?と思ってました。

瓦屋さんに聞いてみると「今の瓦は、軽くて丈夫。おすすめだね。」と言っていました。その重さなら鉄骨住宅のお家には全然余裕とのことです。

ただ、スレート屋根と比較すると、値段が高いです。

代表的なデメリットは値段が高いくらいだと思います。お金に余裕があれば是非瓦屋根にしたいです。ちなみに古い日本の建物はほとんど瓦です。

②スレートの屋根

  • 瓦屋根より軽い
  • 導入費用が安い
  • 見た目がおしゃれ

など良い所はあります。やっぱり値段が安いという事が一番の魅力でしょう。普通の瓦との差額は15~20万円程でした。

ローコスト住宅の建物を見るとわりとスレート屋根が多い印象をうけます。初期費用を押さえたいという方には良いと思います。

ただ、スレート屋根は瓦屋根と比較すると、コケやカビは生えやすいというデメリットがあります。コケやカビを放っておくとスレートの下に敷いてある防水シートが傷み、雨漏りが起こる原因になります。結果的に瓦屋根より費用がかさんできてしまう場合があります。

スレートの場合は、本当なら15年に1度くらいはメンテナンスしたいです。もちろん屋根と言うこともあり、また足場を組む事になります。

それゆえ、足場を組み立てる料金が発生します。足場料金で50万~、塗り直しも含めると80万近くかかります。実際屋根の上に乗ると瓦やスレートが割れたりする事があるので、あまり乗らない方が良いです。

  • 最初に費用をかけるのか
  • のちのちお金をかけるのか

その人にあったものを選びましょう。

③フッ素メタル瓦

  • 塗装が長持ち
  • 滑りがよい
  • 汚れが付きにくい

という点があります。色あせの原因になる紫外線に強いので外観も綺麗のまま保てます。積雪地域では、雪がそのまま下に落ちやすいです。フッ素を使用しているので汚れが付きにくいです。水垢など簡単に洗い流してくれます。

我が家が選んだ屋根材は?

我が家が選んだ瓦

我が家が選んだ屋根材は、「釉Cフラット瓦」です。ちなみに上の画像が我が家の画像です。わりと格好いいんですよ。

僕の地域のパナソニックホームズでは、この釉Cフラット瓦を選ぶ人が多いみたいです。

親戚の家もこの瓦を選んでいていつも見ていて「格好いいな」と思っていたので我が家もこの釉Cフラット瓦に決定しました。

瓦が丸み帯びていて、吹き付けされている瓦はちょっと高めでした。名前は忘れました・・。

瓦に雪止めは付けた?

我が家の地域は滅多に雪が降らない為、瓦に雪止めは付けませんでした。

ちなみに雪止めとは、瓦に突起がついていて雪が一度に落ちるのを防ぎます。

一度に落ちると下にある物(柵やカーポート)にかなり負担になり壊れてしまします。その為、雪止めがあると屋根で少しずつ溶けて落ちていく事が出来ます。

心配があるならカーポートの上側にだけでも付けておくと良いかもしれません。

最後に

屋根材選びはとても重要です。実際、屋根が汚ないと雨漏りの原因になったりその家全体が汚れて古く見えてしまいます。

限られたお金でどういった物をつけるか、見た目でけで選んでいないか?この記事で、少しでも知って頂けたら幸いです。

簡単な説明でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。