日記

【家族が増えました】令和ベイビー(女の子)

こんにちは、タッピーです。最近は色々忙しくパナソニックホームズの打ち合わせどころではありませんでした。

なぜかというと、、

僕たち夫婦に第一子が産まれました。

このブログではもう赤ちゃんがいる感じで書いていましたが、本当はまだお腹の中でした。申し訳ありません。

そして、待ちに待ってようやく赤ちゃんに会えました。今回は出産当日ついて書いていこうと思います。ただの日記になってしまいましたが….

お産は予想以上に辛い

出産予定日当日、嫁が陣痛が起こり夜中の12時に病院へ連れて行きました。病院へ行くと看護師さんに「まだ早いなぁ、、もう少し様子見しよう」と言われ、痛そうにしている嫁をまた車に乗せて自宅に帰宅。それから2時間後、まだ嫁が痛そうにしていて「もう陣痛きてる」というので、すぐ準備して病院へ行きました。病院へ到着すると、すぐ入院させて頂きました。

陣痛が始まった夜中の12時から、お産までの夕方17時頃まで幸運にも、仕事が休みで嫁とずっと一緒に居ることが出来ました。長い長い17時間のお産をよく耐えてくれた嫁に本当に感謝しかありません。

初めてのお産でしたが陣痛から出産までの17時間は、嫁にとって長く辛かったと思います。明るく元気な嫁ではなく、痛くて苦しそうな顔をそばでずっと見ているのは、とても辛かったです。でも、もっと辛いのは赤ちゃんと奥さん…。それゆえ、長い陣痛で体力を消耗しないように、声をかけて呼吸を整えたり、うちわで仰いだりしていました。

看護師さんに、

「長い陣痛で体力が消耗しているから栄養ドリンクを買ってきてもらえる!?」

と言われ「ようやく僕の仕事が来た」と思い、走って近くのコンビニまで買いに行ったりしました。僕も少しでも役に立てるように必死でした。

こんな長い17時間は本当に初めてでした。次の陣痛で産まれてくれないだろうか。と何度も願っていましたが、全然出てきてくれません。お腹がすいたので歩いてコンビニに行ってカップラーメンを食べて病院へ戻りました。すると、

ん?嫁が居ない。

看護師さん「探しましたよ、旦那さん!いま分娩室に移動しました。」

それから15分後立ち会ってようやく、、、

元気な女の子の赤ちゃんと会えました。

感動の瞬間

17時間ずっと一緒にいれたからこそ、この瞬間はより感動的なものでした。そして立ち会いが出来て本当に良かったです。

真っ赤で血に染まった、我が子を看護師さんがお湯で洗い流してくれました。現れた我が子は神秘的で、この世の物とは思えない程、愛おしかったです。

それから指がしっかりあることを確認しました。

僕自身、出産を全力でサポートしましたが、やはり嫁の苦しんで頑張っている姿をみて、「自分はちゃんとサポート出来たのかな…?」と自信を持ちきれませんでした。

でも、嫁が産まれた我が子を抱いて、「パパも頑張ったんだよ」と言ってくれたので少し安心しました。

周りのみんなに感謝

それから親族が来てくれて、抱っこしたり写真を撮ったりしました。出産に携わってくれた方、妊娠中に気を使ってくれた方、周りのみんなのお陰で無事出産ができました。

初めての出産でしたが、本当にみんなに支えられていると改めて認識しました。

帰宅したらメダカも産まれていました

螺鈿光という品種でキラキラ光っているメダカが産まれていました。こちらも小さくて可愛くしっかり生きてました。

螺鈿光メダカ

新しく建てた家のお庭で買う予定で繁殖中。

早速パナソニックホームズの営業さんが来た

営業さんが見積もりや間取りを持って家に来ましたが、、、

 

タッピー
タッピー
当分我が子で頭いっぱいになりそうです

お家の事は長らく進みそうにありません

パナソニックホームズのお話でも無いのに、最後までお読みしていただきありがとうございます。

こちらの人気記事もどうぞ↓↓

>>【住宅ブログ開設6ヶ月、月間PV数公開】