家づくり

リビング階段にして良かった?音が響く?

こんにちは、タッピーです。

男の子
男の子
リビング階段にしようと思っているんだけど、二階にどのくらい音が響くの?

タッピーさんはリビング階段にして良かった?詳しく教えてください。

今回は、こういった疑問に答えていきます。ポイントは、ざっくりこんな感じです。

  • リビング階段にして良かった所
  • リビング階段のデメリット
  • 子供が登るので危険
  • 音が、、、響く。

記事内容は3~4分です、さっそく見ていきましょう。

リビング階段にして良かった?

タッピーの家はリビング階段です。住んでみて「リビング階段にして良かった」って本当に思いました。

理由は、以下の3つ。

  1. 二階に上がるのが楽
  2. 吹き抜けと合わせたから広く見える
  3. 子供が帰ってきた時に顔を合わせれる

もっとあるかもしれませんが、タッピーが住んでみて最も強く感じた事はこの3つでした。

①リビング階段・2階に上がるのが楽

リビング階段は、リビングから直接2階に上がれるので本当に楽です。仮に階段が廊下にあるとすると、2階に上るまでに廊下を通らなければいけませんよね。

その都度、廊下に出るって考えたら控えめに言って面倒です。

それゆえ、リビングから直接2階に上がれる事が出来るようにして良かったと感じました。

②吹き抜けと合わせたから広く見える

吹き抜け✕リビング階段で開放感抜群になりました。

我が家には2700㎜✕2700㎜程の吹き抜けがあります。その吹き抜けと、リビング階段を組み合わせると3600㎜✕2700㎜の吹き抜けになり開放感が格段にアップしました。

もし吹き抜けを考えているなら階段と組み合わせるのも考えてみてね。
【Web内覧会】パナソニックホームズ/リビングダイニング(LDK)こんにちは、タッピーです。 2020年にパナソニックホームズで家を建てたシンプルでホワイトが好きなブロガーです。 今回は、わ...

③子供が帰ってきた時に顔を合わせれる

「リビングを必ず通る家」=「顔を合わせる」

子供が中学や高校生になった時に家に帰って、リビングを通らずに自分の部屋(2階)に直接行くようになったら寂しくないですか?

今は娘と遊んだり出来ますが、思春期になったら部屋に引きこもるのではないか?せめて顔だけでも見たい、、、これがリビング階段なら実現できますよ笑

リビング階段・デメリット

実際にリビング階段を採用して感じたデメリットも2つあります。

  1. 子供が登るので危険
  2. 音が二階に響く

主に、この2つを強くデメリットに感じました。

子供が上って危険!

ほとんどの時間をリビングで過ごす我が子は、リビングがとても危険の場所に変わります。

リビングでテレビを見ていると思ったら、階段に歩いて行きヨチヨチ上っていきます。1歳でも二階まで上がってしまうので気をつけなければいけません。

タッピーの娘
タッピーの娘
余裕で上がれるバブよ。

2階に上がらない為の対策

対策としてはベビーゲートです。やっとベビーゲートが届きました。

デメリットは3つあります、

  1. お金が掛かること → ベビーゲート4000~5000円 ✕2(一、二階)の費用が掛かる。
  2. クロスが傷が付く → ベビーゲートは突っ張り棒になっている為、壁に傷が付きます。我が家は、クッション材を挟んで対策しています。
  3. 通りづらい → 慣れていないため通りづらいです。

こんな所でしょう。デメリットはあるけど、やっぱりベビーゲートは付けておきたいでね。

1番の問題は音!!

リビングに階段があると二階に音がそのまま伝わってしまう事は想定していました。

実際に住んでみるとかなり響く事を実感しました。吹き抜けもあるので、上に音が響いてしまうのはしょうがありませんが想像以上に響きます。

どのくらい響くのかというと、一階で普通に会話している声テレビの音が二階にも普通に聞こえる程です。(これは吹き抜けのないパナのリビング階段でも同じ結果でした)

これから吹き抜けやリビング階段を採用しようとしている方は、覚悟しておいた方が良いでしょう。

特に鉄骨住宅は、木造住宅より響くことも頭に入れておきましょう。

パナソニックホームズのお家に住んで気づいた事/後悔こんにちは、タッピーです。先日、パナソニックホームズのお家に住み始めて、8~10ヶ月程の方とお会いしてきました。その方の「住み始めて気づ...

音が2階に響く対策

PHOTO NAOKI / PIXTA(ピクスタ)

これはリビング階段とは言えないのかもしれませんが、下記画像のリビングの階段に入る場所にカーテンやロールスクリーンを付ける事も対策になります。二階に音が響くのが嫌な方は、階段を上がる手前に扉を付けるのが1番良いと思います。

あるいは、将来カーテンを付けたいという方は天井に下地を入れておく必要があるのでしっかり伝えておきましょう。

我が家みたいに、吹き抜けと階段が一緒になっている場合は扉をつけれません。

2階の壁に断熱性材を入れる

もう一つの対策は、二階の間仕切りに断熱材を入れることです。

我が家は一階の音が二階に響く対策で、二階の壁に断熱材を入れました。

これで多少、2階の部屋に音が響くのを防ぐ事が出来ました。

パナソニックホームズ(ほとんどのハウスメーカー)の場合、標準仕様で断熱材が入っていないので設計士さんに、「断熱材を間仕切りの中に入れたいです」と伝えれば入れる事が可能です。

金額もさほど上がらなかったような気がします。

ちなみに我が家は、ロックウール25㎜の断熱材をタッカーで貼り付けて入っています。

まとめ

メリット

  • 2階に上がるのは楽
  • 家族が顔を合わせれる
  • 音は響く
  • 子供は危険

デメリット

・2階に音が響く

2階に音が響いてしまうのが本当に嫌な方は、リビング階段はオススメ出来ません。

インスグラムも更新していますので、良かったらフォローしてくださいね。ありがとうございました。