パナソニックホームズ

パナソニックホームズのリビングボックスとは?新商品?

こんにちは、タッピーです。今回は、パナソニックホームズの「リビングボックス」について説明していこうと思います。

「リビングボックスって何?初めて聞いた」という方もいると思います。

リビングボックスというのは、パナソニックホームズの新しい商品ラインナップです(新しいと言っても一年くらい経っているかも)。

リビングボックスの造りは、モノコック構造の鉄骨造りで、大型パネル構造になっています。カサートC(大型パネル構造)と恐らく同じでしょう。

リビングボックスの特徴

リビングボックスの1番の特徴は、間仕切りがほとんど無いという事。イメージがつきにくいと思いますが、ダイニングや洋室などの各部屋が、仕切っていないという家(壁がない)です。

なので、家全体がリビングのような感じになります。=リビングボックスという商品名が付けられているのでしょう。

間仕切りがないメリット

間仕切りがない事によって、いつでも家族の気配が感じられます。

タッピー
タッピー
嫌でも顔を合わせる事になりますよね。

壁がないから部屋が広く感じる・開放的になる。

タッピー
タッピー
確かに、仕切りが多いと圧迫感がありますよね。

自分好みで、家具を置ける。自分のあった生活スタイルを手に入れられる。

Aさん
Aさん
間仕切りが無いと、確かにどこでも家具を置けるけるわね。

1番のメリット・価格が安い

僕が思う1番のメリットは、価格が安い事だと思います。リビングボックスは、間仕切りが極端に少ないので、大工さんや職人さんの手間が全然違います。

だから、安く建てる事が出来るのです。では、実際いくらくらいなのでしょう。

まだ例が少ないので、あまり情報がありませんが、パナソニックホームズホームページで一例が紹介されていました。Panasonichomes HP

その価格が、二階建て延べ床面積24.5坪で、建物本体価格1447万円(税抜き)でした。

延べ床面積28坪でも、1540万円。延べ床面積31坪の建物でも、1632万円という驚くべき価格です。パナソニックホームズの家の価格としては、ズバ抜けて安い金額だと思います。

勿論、手間が掛かっていないので当たり前ではありますが、かなり安いと思います。

リビングボックスの外観

Panasonichomes HP引用

外観は、シンプルな四角い家です。キラテックタイルは使用していないので、パッと見ただけでは、パナソニックホームズの家かどうか分かりません。

しかし、構造自体はパナソニックホームズの鉄骨造りで、かなり強い造りになっているので、そこは安心出来ると思います。

タッピー
タッピー
「無駄を全部省いて、大事な所はしっかり」という感じの家だと思います。

リビングボックスの最大のデメリット

僕が思う最大のデメリットは、「プライバシーがない」と言うこと。これは僕にとってかなり大切な事だと思いました。(1人でこもりたい時があるので)

でも全然平気な人には、結構オススメかなと思います。だって安いに超した事ないですから。

【2019年10月スタート】パナソニックホームズの初期保証が35年に変更 こんにちは、タッピーです。今回は、パナソニックホームズの保証サービスの変更点について、分かりやすく説明したいと思います。 ...

まとめ

  • 間仕切りが最低限しかない。
  • 家族がつながる。
  • 無駄な所は省いて大事な所を残した家。
  • パナソニックホームズの商品の中では安め。
  • プライバシー面に劣る。

プライバシーを気にしないなら、かなり良い商品ラインナップではないかと思います。

今回は以上になります。リビングボックスは、パナソニックホームズの支店によっては、扱ってない場合があるので、確認した方がよいでしょう。

ありがとうございました。