パナソニックホームズ

【契約まで5つのステップ】パナソニックホームズのお家

こんにちは。タッピーです.。今日はパナソニックホームズで家を購入する際の契約までの流れについて書いてみました。地域や場所、営業さんによって多少異なるかもしれませんがご了承ください。

出会い

まず初めに「出会い」です。知り合いの紹介や自分達でハウジングパークに行ったりして、営業さんと出会います。基本的には、初めに出会った営業さんで決っていきます。その際に営業さんが名刺をくれるので、少しでも気になったら後日連絡します。

実例の紹介 敷地の確認

ハウジングパークの展示場や構造見学会などに参加したりして、実際住んでいる人の家引き渡し前建築中の家を見て色々な設備やパナソニックホームズの良いところを沢山教えてくれます。営業さんの話を聞いて少しでも「良いな」と思ったら話しを進めていき、資金計画をします。パナソニックホームズのお家の大体の値段を教えていただき自分が良ければ敷地を確認してもらいます。営業さんは役場に行ったりして、その土地の状態を色々調べて来ます。

タッピー
タッピー
土地を確認すると、営業さんは自分からどんどん調べていくので、ちょっとびっくりします(゚Д゚)

間取りを提案してもらう

土地を確認すると法律上の問題や土地の形状などを確認して、その土地にあった間取りを考える事が可能になります。ここで自分の要望をしっかり言いましょう。

自分達の要望を言って間取りを何度も何度も出していただきます。この時点では、まだお金はかかりません。間取りを決めるのにかなり疲れると思いますが、一生に1度かもしれませんのでかなり重要です(細かい所は、契約の後でも変更可能です。)

基本的にはハウジングパークの展示場などの打ち合わせスペースで話しをする事になると思うので、営業さんと時間を決めて毎週通わなければ行けません。

タッピー
タッピー
僕達の場合、間取りを決めるのは結構楽しかったです。

概算見積り

間取りや設備仕様などが決まったら、概算見積りを出してもらいます。パナソニックホームズの場合おそらく概算見積りでは少し高くなってる気がします。

我が家はここで、

値段交渉をしてみました。

サービスなどをしてくれるかもしれません。無理な値段交渉は、変なお客を思われるかもしれませんのでお互い納得のいく程度で。納得のいく値段だったら、正式な見積りを出していただきます。

正式な見積り、ご契約

地盤調査や間取りが確定したら、いよいよ正式な見積もりが出来上がります。この正式な見積もりに納得いったら調印します。

これで契約完了です!!

タッピー
タッピー
ちなみに宅建業法では、事務所等以外で契約した場合クーリングオフが出来るとされています。

 

クーリングオフとは

1度結んだ契約を、あとになってやめてしまうこと。購入者が業者からクーリングオフについて書面で告げられた日から起算して8日間経過したり、引き渡しを受け、かつ代金を全額支払った場合クーリングオフは出来ない。

 

Aさん
Aさん
事務所以外ですよ。「事務所」というのは業者がいつも契約を行っているところです。喫茶店など自宅はクーリングオフ出来ます。

こんな感じで皆さん家を買われると思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらの記事も是非↓

【パナホーム】カサートCの断熱が快適すぎる

【パナホーム】お家に泊まってみた感想

【空気に投資する重要性】パナソニックホームズのお家の場合