構造のこと

【本当に快適。パナホームの断熱と地熱】カサートC大型パネル構造

こんにちは、タッピーです。

今回は、パナソニックホームズのカサートC(大型パネル構造)の断熱について書いてみました。

ちなみに我が家もカサートC・大型パネル構造で建てています。

カサートCとは(大型パネル構造)

うちの地域では、カサートC(大型パネル構造)カサートS(制震軸組構造)が選択可能です。

建物自体の坪単価はカサートSと比べて、カサートCの方がやや安めです。

ハウジングパークなどの展示場は立派に作る為、ほとんどは高級なカサートSで出来ています。それゆえ、カサートCの家を、実際に見る機会は少ないかもしれません。

【パナソニックホームズ】知っていますか?カサートCとカサートSの違い。←カサートCとカサートSの違いについてはこちらの記事を参考にしてください。

パナソニックホームズの「家まるごと断熱」

カサートCもカサートSもどちらも「家まるごと断熱」の造りになっています。すべて断熱で囲われています。

パナソニックホームズ HP画像引用

この画像で注目して頂きたいのが、床下の「地熱」。

床下が断熱(ポリエチレン)で囲われているので、床下の空気がかなり安定しています。夏は冷熱になり、冬は温熱になって各部屋に空気を送っている事から、消費エネルギーを少なくすることが出来ます。

それゆえ、冷暖房負荷の低減にもなり環境にも優しい造りにが実現できます

カサートCの外壁(大型パネル構造)

カサートC(大型パネル構造)の場合外壁は、こんな感じになっています。(↓画像参照)

断熱材、パーチクルボード、石膏ボード、通気層で出来てる多層構造の外壁になっています。断熱効果は勿論、遮音性もかなり高くなっています

1階と2階との間の断熱

カサートC(大型パネル構造・F構法)の2階床「遮音床」は「制振シート」を使用しています。

制振シートは、生活音を柔らかく吸収・減衰させる「高分子粘弾性物質」と、重くて振動しにくい「高比重金属」のダブル効果で「音エネルギー」を吸収して、下の階への音の伝わりを低減します。

Panasonichomesホームページ参照

天井ボードを貼る前はこんな感じになっています↓

2階の「制震シート」に加えて、断熱までギッシリ入っています。

1階の天井と下屋の部分
我が家の1階の天井

タッピー
タッピー
とても綺麗に入っていますよね。カサートCの場合、工場で断熱も入れてくるので、大工さんの腕の良し悪し関係無く綺麗になっています。一枚目の断熱が入っていない下屋と呼ばれる場所は、カサートCの場合でも大工さんが断熱を入れてくれます。

ちなみに値段が安いハウスメーカーの場合、1階と2階の間に断熱が入っていない場合がありますもし検討されている方は、1度聞いてみると良いと思います。

1階と2階の間に断熱が入っているのと無いのでは、全然遮音性や断熱性が違うのでちょっと気になるところですよね。

構造見学に行けば見ることが可能

構造見学会に行かなければ、実際の造っている様子や1階と2階の間を見る事はほとんど出来ないと思います。なので機会があれば行ってみると勉強にもなりますし、丈夫な造りになっている事を感じられるかもしれません。

ありがとうございました。