金額のこと

【パナソニックホームズ】36~37坪の見積もり金額

こんにちは、タッピーです。今回はパナホームのカサートC(大型パネル構造)で36~37坪前後で家を建てると、どれくらいの金額になるか概算見積もりが出たので書いてみました。

パナソニックホームズの36~37坪の概算見積もり金額

結論から言いますと、36~37坪くらいで3,300万〜3400万くらいの概算見積もりがでました。この値段は、外構費は含まれていなくて工事経費や申請工事を含みます。

タッピー
タッピー
ここからやりたい事を言っていくと、さらに値段が上がっていきます。

  • 建物本体価格、約2600万
  • 工事経費・申請工事、約350~400万(キラッテック含む)
  • 概算諸経費、約100万
  • 消費税、約300万

タッピー
タッピー
消費税高っ。建物以外にも、かなりお金が掛かりますね。

ぶたさん
ぶたさん
土地代や地盤改良、外構費を付けたら恐ろしいです。

スペック

大体の家のスペックは、、、

  • 36~37坪、カサートC(大型パネル構造)
  • バルコニーあり(3.94㎡ 1坪弱)
  • LDK23畳
  • 2階トイレあり・洗面なし
  • 総二階ではなく、1階が22坪程度

タッピー
タッピー
こんな感じです。太陽光は付けていません。

どこかで妥協しないと、どんどん高くなる

営業さんに自分達の要望を伝えていくと、家がどんどん広くなっていきました。結局36~37坪くらいになりました。

我が家の作戦は自分達の要望をとりあえず全部言って、そこから減らしていくという作戦なので、これから優先順位を考えて減らしていこうと思います。あとは、ここからの値引き額も含め考えていきたいと思います。

タッピー
タッピー
優先順位を考えて、減らしていかなきゃ。

【バルコニーの金額】パナソニックホームズ←こちらの記事も参考にしてみてください。

家の形で値段が変わる

総二階(1階と2階の広さがほとんど同じつくり)だとお値打ちになります。

理由は、基礎工事が高いからです。なるべくお値打ちに坪数の大きい建物を建てたい方は、総二階がオススメです。

反対に一階を広げると、基礎も増やさないといけませんので一気に金額があがります。

総二階とは

総二階とは、2階建ての建物で、1階と2階の面積がほとんど等しいもののこと。通し柱や梁などの構造がシンプルになるため、複雑な形状の建物と比べて耐震面で有利とされる。外壁面積が少ないため断熱・気密効率が高いともいわれる。材料費や施工費などのコストを抑えることもできる。 suumo住宅大辞典参照

まとめ

パナソニックホームズを検討している方に少しでも参考になったら幸いです。今回は、うちの建物の場合なので、地域や仕様によって全く変わると思いますので参考程度にしてください。

最後までお読みしていただきありがとうございました。

こちらの人気記事も是非

>>【和室のメリット・デメリット】導入するか考えてみた

>>【パナホーム】契約までの流れ

>>【パナホーム】カサートCの断熱が快適すぎる

>>【空気に投資する重要性】パナソニックホームズのお家の場合