お家の知識・情報

【リモコンニッチ】メリット3選/大量にリモコンを集約すると危険??

こんにちは、タッピーです。最近良く見るリモコンニッチ。スイッチやリモコン類がスッキリして見た目も綺麗だし、是非取り入れたいですよね。しかし、注意点もあるので紹介していきます。

リモコンニッチとは?

ニッチが分からない方も居ると思いますので、簡単に説明しておきます。壁を凹ませて、そこに物を置いたり、棚として使える事ができる空間の物です。最近は、その空間にスイッチやインターホン・給湯器のリモコンを集約して使う、「リモコンニッチ」というのを最近よく見ます。

さらに、ニッチの中をマグネットボードにして、マグネットでくっつくようになっている物も発見しました。カレンダ-なども貼り付ける事ができるので、とても便利だと思います。

リモコンニッチ 画像参照

【建売のパナソニックホームズを見に行って思った3つの事】←こちらの記事も是非

リモコンニッチの特徴

リモコンニッチの特徴は、、、

  • オシャレ
  • リモコンやスイッチを集約して、見た目がスッキリする
  • コンセントも付けておけば、携帯などの充電できる空間になり便利

こんな所でしょう。

ニッチの形は、家形や、四角にしたり出来るのでわると自分好みにできます。本当にオシャレな感じがするし、家の形のニッチだと注文住宅(オリジナル)の感じが益々Upするしで、採用して満足している方が多いです。

タッピー
タッピー
反対にうちの実家では、ニッチを作らなくて、普通の壁にエコキュートやインターホンのリモコンが付いているので、リモコンが壁から少し飛び出している感じが気にいらない様子でした。

価格的には1~2万円で作れるみたいです。しかし、耐力壁や筋交いなど(凹ませれまい)がある場所には作れないことがあるので要注意です。

大量の配線・壁が弱くなる?

ニッチに大量のスイッチやリモコンを集めるのが「リモコンニッチ」なのですが、最近リモコンニッチに大量のスイッチやリモコンを集めすぎて、配線が大量になるケースがあります。

タッピー
タッピー
だって最近リモコンとかスイッチって凄い沢山ありますよね。

  • ダイニングやリビングのスイッチ
  • インターホン
  • 電気錠
  • シャッター
  • 給湯器リモコン
  • 床暖房
  • リモコンニッチの中に100Vコンセント

こんなに沢山ニッチに集めようとするとニッチの壁の中が凄いことになります。

ニッチというのは、壁を凹ませたりする訳ですから基本的に壁が薄くなります。そこに大量にある電線が通るスペースがあれば問題無いのですが、スペースが無くて電線がギュウギュウ詰めになる場合があります。

こういった場合では、電線をギュウギュウ詰めにしてボードを貼る事になり、若干ボードが膨らんでしまったり、壁自体が弱くなる場合もあるし、電線が大量でギュウギュウに入っているので、ビスを打つときに電線を傷を付けて絶縁が悪くなる事もあります(電線を無理に詰め込んだり、折ったりするのは良くない)。

電気屋の僕が感じていたことです。

タッピー
タッピー
職人さんが臨機応変にできれば良いのですが、出来る職人さんも減っているのかもしれません。設計士さんや職人さんの経験や腕って、本当に大事だと思います。

一応こういう事もあるって書いておきました。

Aさん
Aさん
とはいえ、しっかり設計してあれば、何も問題無いということですね。

まとめ

いろんなブログの情報や実際にニッチを付けた方に聞いてみると、便利で採用して良かった思っている方がほとんでした。僕の知り合いの方には、ニッチを3箇所も付けた方もいます。

もちろん付けて良かったと言っていました。皆さんも是非採用するか検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。